オススメの3Dデッサンドール

シェアする

イラストを書く際、下絵として使うことにより
デッサン崩れを防いでくれるデッサン人形3D版
「3Dデッサンドール」ですが、種類と特徴を上げてみました。
3Dデッサンドールではないけど、3Dデッサンドールとして使えそうな3Dソフト含まれます。

デザインドール

http://terawell.net/terawell/?lang=ja
一番オススメなのがデザインドールです。
doll_001

◯一番の利点はインターフェイスが良すぎる
操作が簡単で直感的にポーズが作れる。それに尽きる。
イラストを書く前に使うものだからパッと作業できるのが一番良いですね。
doll_002

◯モデルの体型が自由自在
いくつかあるモデルから選ぶのではなく
いくつかあるモデルをモーフィングして好みの体型を作れるという驚きのシステムです。
男性でも女性でも子供でも太っている人でもマッチョ体型の人でも作れます。
モデルとモデルの中間体型なども作れます。
doll_003

◯objファイルなど他の3Dモデルが読み込み可能
武器・小道具・座りポーズの椅子などなど
読み込んでポーズを付けれるのがとても便利です。
doll_004

◯モデルの質感を変更できる
メタリックっぽい質感にしたり
スキンっぽい質感にしたり出来きるのが地味に嬉しいです。

◯モデルにアタリ線など直接書き込むことが可能
doll_005

◯ライブラリが充実
「ドールのアトリエ」というユーザ投稿型のライブラリがあり
いろいろなモデル・ポーズが投稿されている。
以前は見難いサイトでしたが、現在は改良されて見やすくなっています。
しかも番号をコピーして貼るだけで簡単にモデルとポーズが読み込めます。

◯3Dエクスポーターとしても使える
モーフィングで作ったモデルをobjなどで書き出すことが可能
他ソフトとの連携に便利。

◯サポートがすごく良い
夜購入したんですが、支払いに失敗して
ビットキャッシュは減ったけどライセンスがもらえなくて
23:41にもう「今日は無理かな?」と思いながら問い合わせをしたところ
7分後に返事が来ました……
「ビットキャッシュに連絡したけど向こうからの連絡待ち状態なので
 返事が明日以降になる可能性が高い」という内容でした。
それはそうだとは思いますが、
こんな時間にこんなテンプレじゃなさそうなメール来ると申し訳なくなりました。
しかも、
23:54にはビットキャッシュと確認が取れましたって言って
ライセンスが送られてきました……
少し休んでも良いんですよ……と言いたくなるおそろしいスピード感でした。

✕無料版と有料版の違いが大きい
有料版7800円と少し高いですが
無料版だとアトリエからのインポート、3Dエクスポートに加えて
通常の保存が出来ません。
モデルは絶対いじりたくなりますし、いじったら保存してまた使いたくなります。
毎回モデルを作るのは難儀なので本格的に使うなら有料版がオススメです。

POSE STUDIO

doll_007
「POSE STUDIO」は以前単体でダウンロードして利用出来たのですが
現在は廃止され、CLIP STUDIO「PAINT」に付属しています。

◯体型が変更出来る
「POSE STUDIO」では男女二種類しかモデルがなく形もデッサン人形に近く使いにくかったのですが
「PAINT」付属版では体型の変更が可能
体型の設定で細身・肉感的・肥満・細身・子供がトグルで選択可能
またパーツごとに長さと太さを調節可能。
モーフィング出来るデザインドールと比べると自由度は少ないけど
「POSE STUDIO」時代と比べるとだいぶ良い。
マッチョ体型も出来ると更に良いんですが……
doll_009

◯アングルもプリセット化されてて良い
アングルのプリセットが豊富で角度をぐりぐり選ぶ手間が省けます。

◯背景・小道具など3D素材を読み込める
doll_010
かなりそのあたりが自由に出来ます。
キャラクター自体も読み込めるのです。
しかもこのキャラクターはこの手の素材モデルとしてはかなり可愛い気がします。
キャラクターは動かすとスカートとかが物理演算で動くのがすごいです。
読み込んだ3Dもトーン化してそのままマンガに使えたりもするので
いろいろ素材を既にもってる方や
背景などは3Dで描きたいという方は良いかも。

◯月額使用料での使用も可能
「PAINT」はPROで5000円、EXで23000円もするのでなかなか買いにくいものがあります。
(機能が豊富で優れているのでコスパは良いと思いますがデッサンドールで見た場合です)
月額500円から使用が可能です。
月額使用料でも払い続けると無制限ライセンスが貰えるらしいです。

✕インターフェイスが使いづらい
直感的にわかりにくくてなれるまでポーズをすぐに作るというのは難しそうです。
ただ、プリセットがかなり用意されているので
イメージに近いポーズから変形すれば手間は省けると思います。

✕重い
ショップブランドのパソコンで
動画作成モデルとして販売されているそこそこスペックの良いはずのパソコンで
3Dツールで重いと感じたことは今までなかったのですが
「PAINT」でデッサンドールなどの3Dを扱おうとすると結構重く感じます。

Poser

モデルを読み込んで演出してレンダリングするモデリングしない人のための3Dツールです。
最近はその役割をどこツールでも行えるにも関わるず
結構価格帯が高いという中途半端さなのでデッサンドールとして使うために買うことはオススメしません。
デッサンドールとして使おうとすれば使える……程度です。

特にデッサン用のソフトではないので
最初からデッサンドールが付いているという事はなく
自分でデッサンに使えそうなモデルを用意しなければならないし
デッサンドールとして使ってトレースしてしまうと
ライセンスの問題もあるのでかなり注意が必要です。
レンダリング画像を美術作品を制作に使用しても良いとしているモデルもそこそこありますが。

モデルのポージングも直感的には操作しにくく
ドラッグで移動しようとすると破綻しやすく
ありえない方向に関節が曲がる事への制御等もあまりありません。

別の用途でPoserを既に持っているなら使ってみてはという感じです。

MikuMikuDance

モデルをダンスさせるためのツールですが
モデルを読み込み、ポーズさせる事が可能なのでデッサン人形としての使用が可能です。
何と言っても良い点はフリーソフトである事。

Poser同様ライセンス上問題のないモデルを自分で用意しなければならない問題はありますが
作るなり、問題のないモデルを手に入れてくれば
すべて無料でなんとかなる可能性があります。

ユーザが多くモデルやモーションが豊富ですし
操作性も良いと思います。

最終的に動画なども作れるという点があるので
持っていて損はないと思います。

コメント

  1. […] http://oblsk.sakura.ne.jp/help/?p=410 →2015年12月26日 … イラストを書く際、下絵として使うことによりデッサン崩れを防いでくれるデッサン人形3D 版「3Dデッサンドール」ですが、種類と特徴を上げてみました。3Dデッサンドールでは ないけど、3Dデッサンドールとして使えそうな3Dソフト含まれます。 […]